車にはナビがあるだけで違うね

ナビの種類に違いもあるんだ

カーナビといっても様々な種類があります。 カーナビといっても、車の中央部分のパネル内に収めるタイプのインダッシュナビとシガーソケットなどから電源を取り、持ち運びも可能なオンダッシュナビがあります。 そしてインダッシュナビであれば、HDDナビ、SDナビ、DVDナビというように地図データの記録媒体が違います。 さらにそこから、ナビゲーション機能の差、オーディオ機能の差がでてきます。 オンダッシュのカーナビは比較的値段が手頃な物が多く、特別取りつけに技術が必要なわけでもありませんので、車を購入した際はカーナビの必要性を感じていなかったが、後から必要になった方などが利用される場合が多いです。 現在はオンダッシュのものにも、ワンセグ機能が付いてテレビが見られるようになっていたり、SDカードで音楽や動画を再生できるものもありますのでインダッシュのナビとも遜色ない機能が搭載されてきています。 インダッシュのカーナビには、インダッシュとは違い、様々な種類があります。 まずは上記に記載した通り、HDDナビ、SDナビ、DVDナビと記録媒体が違います。 HDDナビはカーナビの中にハードディスクが搭載されており、そこに地図データが入っています。パソコンをお持ちであれば、インターネットを通して地図データを更新できるサービスも有り、さらに普段聴く音楽CDを直接録音できますので、よく音楽を車内で聞く方にはお勧めです。 SDナビはSDカードに地図データが入っています。こちらもインターネットを通して、SDカードに新しい地図データをダウンロードして更新できたり、パソコンを使ってSDカードに音楽を録音して車内で聴く。ということができるようになっているものが多いです。 DVDナビは最近は数が少なくなってきていますが、地図データを記録しているDVDを読み込んで地図を表記しているものです。 自分で地図データの更新はできなく、直接メーカーへ問い合わせるか購入した販売店などに取り寄せてもらわなければならないので、手間がかかってしまうのが難点となっています。 この他にDVDが再生可能なものであったり、IpodやIphone対応のもの、ブルートゥース機能が搭載されているものなどオーディオ機能も多岐にわたります。 楽しいカーライフを送るために、カーナビというのは非常に重要なパーツです。 自分に必要な機能を選んで購入することをお勧めします。